クレジットカードは楽天カード、プリペイドカードはau Payでポイント2重取りしながら、リスク回避で賢く活用

プリペイドカードって数も多い上に決済手段も分かりにいと持つのをためらっている人は確実に損をしています。

数あるプリペイドカードの中でも、これだけ知っていれば困らない、au Payプリペイドカードを紹介します。

au Payプリペイドカードは楽天カードと組み合わせればポイントの二重取りで1.5%のポイント還元を受けるが可能です。

また、日曜日の利用に限り1.5%還元されるTカードPrimeを使えば、合計で2%のポイント還元を受ける事も出来ます。

また、プリペイドカードを利用する事でクレジットカードの不正利用のリスクを最小限にする事が出来るというメリットもあります。

au Payプリペイドカードはポイント二重取りの大本命

au Payプリペイドカードは事前にチャージした金額を上限に利用出来るプリペイドカードです。

プリペイドカードとは言っても、使い方は通常のクレジットカードと基本的には同じで、実際の店舗での買い物には「カード払い」と伝えれば普通に支払いが出来ます(ただし分割払いは不可)。

また、ネットショッピングについてもクレジットカード同様、カードに番号、有効期限、名義が記載されているので、その情報を入力するだけで支払いをする事が出来ます。

つまり、au Payプリペイドカードは事前チャージ式のクレジットカードとイメージして頂ければ分かりやすいかと思います。

そしてこのau Payプリペイドカードへクレジットカードでチャージした場合、クレジットカードでチャージした時にクレジットカードのポイントが還元され、au Payプリペイドカードを使って店頭やネットショッピングで買い物をした時にもポイントが還元される為、ポイントの二重取りが可能なのです。

 

・auユーザー以外でも申し込み可能(au IDの登録は必須)

・通常のクレジットカードと同じ感覚で利用可能

・クレジットカードと違い、審査なしでカードの発行が可能

・事前にチャージした金額の範囲内でのみ利用可能な為、不正利用のリスクを最小限に抑えられる

・Pontaポイントが貯まる

・クレジットカードとの併用でポイントの二重取りが可能!

 

 

チャージ用のクレジットカードはメインでも使える楽天カードかTカードPrimeがオススメ

二重取りが可能なクレジットカードで、楽天カードとTカードPrimeはポイント還元率が高く特におすすめです。

それぞれのカードの特徴を表にまとめてみました。

楽天カード TカードPrime
年会費 永年無料 初年度無料
次年度以降年1回以上のカードショッピング利用で無料
※利用が無い場合は1,375円(うち消費税125円)
ブランド American Express
Mastercard
VISA
JCB
Mastercard
ポイント還元率 1%
※楽天市場で買い物した場合3%
1%
※日曜日に利用した場合1.5%
付与ポイント 楽天ポイント Tポイント
保険 ・カード盗難保険付帯
・海外旅行損害保険(最高2,000万円)利用付帯
・カード盗難保険付帯
・国内旅行損害保険(最高1,000万円)利用付帯
・海外旅行損害保険(最高2,000万円)自動付帯
ETC 550円
※楽天会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員の場合は無料
無料

 

どちらも非常にお得なカードですが、細かなところで違いがあります。

ポイントの還元率はどちらも基本1%ですが、楽天市場でよく買い物する人は3%のポイントが付与されるのでとてもお得です。

対してTカードPrimeは日曜日にポイントが1.5%付与されるので、休日にまとめて買い物をする方にとってはTカードPrimeがお得になります。

 

年会費は楽天カードが無料ですが、TカードPrimeは2年目以降1,375円かかります。

ただし、これは1回でもTカードPrimeを利用すれば無料となるものなので特に気にする必要はないでしょう。

 

カードブランドはTカードPrimeではMastercardしか選べませんが、au Payプリペイドカードへチャージする場合、Mastercardであればカードの種類に制限がないので、こちらも問題ありません。

なお、au Payプリペイドカードへのチャージに利用出来るクレジットカードは以下の通りです。

・au PAY カード

・Mastercard®のマークが付いたクレジットカード

・VISAマークが付いたクレジットカード
au PAY カード、クレディセゾンが発行したカード(セゾンカード等)、
UCカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、TS CUBICカード、エポスカード、楽天カード、ビューカードに限ります。

・JCBマークが付いたクレジットカード
クレディセゾンが発行したカード(セゾンカード等)またはTS CUBICカード、楽天カード、ビューカードに限ります。

・アメリカン・エキスプレスマークが付いたクレジットカード

Mastercardは発行会社に制限がないので、TカードPrimeでも問題なくポイントの二重取りが可能です。

どちらのカードを利用してもポイントの二重取りが可能ですので、ご自身の利用シーンを考えてカードを選ぶと良いでしょう。

 

楽天カードの入会はこちらから

 

Tカード Primeの入会はこちらから